Categories: ルールと法律

デンマークの自転車環境

デンマークの自転車交通分担率は全国で16%(Bike share of trips and kilometers, 2011-2013)であり、

自転車走行ルール

右側通行
サイクリング・ロードがある場合はサイクリング・ロードを走り、そうでない場合は車道を走る。
曲がったり止まったりする前に、腕で合図をしなければならない。
他の人の隣に乗ってもいいが、他の人の迷惑にならない場合に限る。道が狭く、対向車がある場合は、お互いに車を停めてついていくこと。誰かがあなたを追い越そうとした場合も同様です。
ただし、カーゴバイク(およびその他の三輪車)では、他人の隣を走ることはできません。
ペダルに両足、ハンドルに少なくとも片手が必要。
自転車での血中アルコール濃度の上限は決まっていないが、危険なほど酔っている場合は自転車を運転すべきではない。罰金の可能性もある。
ヘッドライト点灯時間中は、自転車にライトを装着していなければならない。ライトは少なくとも300メートル離れた場所からはっきりと見えるものでなければならない。
ヘルメットの着用は義務ではないが、良いアイデアだ。ヘルメットの正しい使用方法についてはこちらをご覧ください。
サイクリング中の携帯電話の使用は禁止されている。

飲酒運転で免許を失うことはありますか?
ただし、安全な運転ができないほど泥酔している場合は、1,500デンマーククローネの罰金が科される。

自転車で運べる荷物の大きさ
自転車に積むものは、長さ3メートル以内、幅1メートル以内。持っていても安全に走行でき、合図ができること。

赤信号での右折は、標識で許可されている場合のみ可能です。

赤信号での右折が許可されている場所には標識があります。*

赤信号でも右折可能なサイン

覚えておいてください
腕を伸ばして合図しなければなりません。
右折したい道路の交通に道を譲らなければなりません。
道路を横断する歩行者に道を譲らなければなりません。

自転車での左折方法

自転車で左折するときは、2回直進する:

まず、交差点まで車で行き、停車して両側の方向を確認する。
車線がクリア/青信号になったら、そのまま反対側のコーナーまで直進する。ここで停止信号を出し、立ち止まって方向を確認する。
新しい方向の車線がクリア/青信号になったら、そのまま交差点を直進する。

信号が青になる前に、新しい方向へ交差点を渡り続けてもいいですか?
はい、実際には「新しい」方向の青信号を待つ必要はありませんが、通常は待つのがよいでしょう。交通量が多い場合、信号が青になる前に横断することは通常不可能か、非常に危険です。

このルールはデンマークの道路交通法第49条に記載されています:

「左折を希望するサイクリストは、交差点を反対側まで進まなければならず、他の交通に迷惑をかけることなく曲がることができる場合に限って曲がることができる」。

自転車でのサインの出し方

自転車での合図は法律で義務付けられている。他の道路利用者は、あなたが何をしようとしているかを確認できなければならない。

右や左に曲がる必要があるとき
左右に曲がるときは腕を伸ばす。上手に、タイミングよく腕を伸ばしましょう。

いつやめるか
止まる前にアームを上げて合図しなければならない。どちらの腕を使うかは自由。しかし、左腕が交通の方を向いているので、左腕を使うのがベストです。

追い抜きたくても追い抜けないとき
ベルを鳴らして自転車や歩行者に車を止めてもらう。大声を出すと相手を驚かせてしまうのでやめましょう。

自転車に乗る子供
8~9歳頃に自分で歩いて通学できるようになり、10~12歳頃に自分で自転車を漕げる

歩道でのサイクリングは、子供であっても禁止されている。歩道を走ることができるのは、バランスバイクや三輪車(おもちゃ)に乗っている子どもだけです。子どもが本物の自転車に乗る場合は、自転車専用道路を走らなければ ならない 。
6歳未満の子供は、15歳以上で子供を管理している人が同伴している場合に限り、交通機関を利用して自転車に乗ることができる。

自転車でのヘルメット着用は、子供であっても法律で義務づけられているわけではない。しかし、デンマークの交通安全評議会はすべての人にヘルメットの着用を推奨している。

子どもが自転車で移動する場合(自転車用シート、カーゴバイク、トレーラーのいずれでも)、子どもの体格に合った所定の座席に座らせなければなりません。しっかりと固定し、指や足が車輪に挟まれないようにしてください。

子供を自転車に乗せるには15歳以上でなければならない。

自転車での罰金

700クローネである:
ヘッドライト点灯時間中の無灯火運転
ブレーキ、リフレクターなどに欠陥や不具合がある。
横断歩道、歩道、歩道を通行する自転車。
自転車専用レーンを逆走すること
ハンドルに手をかけない運転
止まったり曲がったりするときに合図を出さない
標識や標示を無視する
ホールディング
は1人乗りバイクに2人乗り(2人とも問題なし)。
1,000クローネである:
赤信号無視
進行方向に逆らう運転
無条件に通行権を侵害する
携帯電話を使う。
1,500クローネである:
酒に酔って無謀な運転をする。

デンマークの自転車に関する道路交通法

第7章

バイクに関する特別規則

§ 49.自転車は他の車両と並走してはならない。ただし、十分なスペースがある場合、危険や過度の不都合がなければ、2人の自転車が隣り合って走行することができる。追い越しの合図があった場合、交通状況が許す限り、またはそうする必要がある場合を除き、自転車同士が隣り合って走ってはならない。ただし、3輪以上の自転車は他の自転車と並走してはならない。

第2項自転車は、進行方向の最右側にある車線を常に右側通行しなければならない。ただし、右側で追い越しができない場合は、必要に応じて隣の車線を追い越しに使用することができる。

第3項道路の分岐点の手前では、直進または左折する自転車は、第16条第1項および第3項にかかわらず、道路を右側通行し続けなければならない。ただし、1つ以上の車線が右折専用と表示されている場合、自転車は右折専用でない最も近い車線と右折車線の間の線上に位置することができる。左折を希望するサイクリストは、交差点を反対側まで進まなければならず、他の交通に迷惑をかけることなく左折できる場合に限り、左折することができる。これは標識に関係なく適用されるが、標識に自転車に適用される旨の記載がある場合は例外である。1.から4.は、交差点の外側で車道を横切ったり車道から離れたりする場合にも適用される。

第4項自転車は両足でペダルを踏み、少なくとも片手はハンドルに添えていなければならない。

第5項第14条第4項に従って運輸大臣が定める規則に別段の定めがある場合を除き、歩道やあぜ道を自転車で走行することは禁止されている。ただし、自転車は歩道および歩道を走行することができる。

第6項自転車は走行中、他の車両もしくは軽鉄道車両、または他の車両もしくは軽鉄道車両の運転手もしくは同乗者につかまってはならない。

第7項駐輪する自転車は、短時間の駐輪でない限り、施錠しなければならない。

§ 50.6歳未満の子供は、15歳以上の者が同伴し、監督しない限り、自転車に乗ることができない。

第2項自転車は、設計された人数以上の人を乗せてはならない。運輸大臣は、自転車による子供およびトレーラー(自転車用トレーラー)またはサイドカーによる人の輸送について、助手席の配置および自転車の運転者の年齢に関する規則を含む規則を定めることができる。

第3項長さ3メートル、幅1メートルを超える物を自転車に積載してはならない。運搬物は、自転車の完全な制御または適切な合図を妨げるものであってはならない。運輸大臣は、物品の輸送のために特別に設計された自転車、および自転車用のトレーラーやサイドカーに積載する物品の長さ、幅、高さ、重量の上限に関する規定を設けることができる。