デンマークと日本の交通分担率比較

By |2024-03-02T19:11:41+09:002024-03-02|国際比較|

デンマーク全国旅⾏調査 (デンマーク語: Transportvaneundersøgelsen, TU) は、6 歳以上のデンマーク居 住者を対象とした旅⾏パターンの継続的な調査です。基本的な調査設計は、年間を通じてランダムな⽇に 実施される 1 [...]

デンマークの自転車ルール

By |2024-02-19T00:09:29+09:002024-02-18|ルールと法律|

デンマークの自転車環境 デンマークの自転車交通分担率は全国で16%(Bike share of trips and kilometers, 2011-2013)であり、 自転車走行ルール 右側通行サイクリング・ロードがある場合はサイクリング・ロードを走り、そうでない場合は車道を走る。曲がったり止まったりする前に、腕で合図をしなければならない。他の人の隣に乗ってもいいが、他の人の迷惑にならない場合に限る。道が狭く、対向車がある場合は、お互いに車を停めてついていくこと。誰かがあなたを追い越そうとした場合も同様です。ただし、カーゴバイク(およびその他の三輪車)では、他人の隣を走ることはできません。ペダルに両足、ハンドルに少なくとも片手が必要。自転車での血中アルコール濃度の上限は決まっていないが、危険なほど酔っている場合は自転車を運転すべきではない。罰金の可能性もある。ヘッドライト点灯時間中は、自転車にライトを装着していなければならない。ライトは少なくとも300メートル離れた場所からはっきりと見えるものでなければならない。ヘルメットの着用は義務ではないが、良いアイデアだ。ヘルメットの正しい使用方法についてはこちらをご覧ください。サイクリング中の携帯電話の使用は禁止されている。 [...]

法律と自転車、軽車両

By |2024-02-18T16:14:09+09:002024-02-18|ルールと法律|

法律の留保とは 「法律の留保という言葉は、はじめ O.マイヤー(Otto Mayer, 1846-1924) によって、国家権力による国民の権利義務に対する侵害は、行政権によっ ては許されず、立法権(法律)に留保されるべきだという原則 交通基本法は様々な交通を有機的に結びつけ、効率化させるための総合的な交通法規を 構築する要でもある。交通基本法では、国民の交通権保障をその基礎に据えた上で、交通基本法を「要」にして戦前から戦後も個別交通関連法規の再編編成をおこなう。従来まで 国および交通事業者任せであった地域交通政策策定と実施の権限を、地域住民の暮らしと [...]

日本とデンマークの交通社会と法順守

By |2024-02-11T06:05:07+09:002024-02-09|未分類|

人々が自由に移動できる社会のために、自転車という交通手段は有用であり、自転車を活用するためには安全な交通社会が必要です。実際に道路に出てみると、日本では特に自転車の交通ルール、法律を遵守する意識が低く、法律違反を誰もが行っている状態だと感じます。反対にデンマークでは大多数の人が法律を守って走行しています。この違いを文化的、価値観、宗教観から考えてみます。 社会的規範と集団主義 vs 個人主義: 日本の社会は伝統的に集団主義に基づいており、社会的調和と集団の利益を重視します。しかし、これが必ずしも交通ルールの遵守に直接結びつくわけではありません。しかし日本において、ある行動が広く行われている場合、それが社会的規範と見なされ、個々の違反行為が見過ごされることがあります。前の人が違反していても、それが一般的な規範の範囲内であれば良しとする傾向があります。 対照的に、デンマークは個人主義的な文化を持つ国であり、個人の責任と公共の場での行動の自己判断が強調されます。これは交通ルールの遵守という形で表れる。 交通インフラと都市計画: デンマークでは自転車が主要な交通手段として計画的に組み入れられており、自転車専用の道路、信号などが整備されていています。利用しやすく整備されたインフラは利用者も結果的にルールを守りやすくなる。 一方、日本では自転車のインフラが発展していない場所が多く、自転車と自動車、歩行者の間のスペースが限られていることが、ルール違反を引き起こす要因の一つとなる。 法執行の厳格さ: [...]

自由と移動と自転車について

By |2024-02-01T00:48:59+09:002024-02-01|未分類|

哲学的な自由と憲法、法律で保障された移動する自由、実際の個人が自由に移動できる権利の重要性、それに対して自転車が貢献できる点について考えてみます。 哲学的な自由の概念: 哲学的な自由は、個人が外部の制約から独立して意志決定を行い、行動を選択できる能力として定義されます。これは個人の自己決定権や自己実現の基礎とされ、ジョン・スチュアート・ミルのような自由主義の哲学者によって重視されてきました。 憲法や法律によって保障された移動の自由: 日本を含む多くの国々の憲法や国際人権宣言では、移動の自由が基本的人権の一つとして認識されています。この権利は個人が任意の場所へ自由に移動し、居住する権利を含みます。 例えば、アメリカ合衆国憲法の修正第14条は「特権や免除の均等の保護」を保証し、欧州人権条約第2議定書も移動の自由を保障しています。 実際の個人が自由に移動できる権利の重要性: 実際の移動の自由は、経済的、社会的、文化的活動へのアクセスを意味し、個人の生活の質と機会の平等に直接関わります。 これは就労、教育、医療サービスへのアクセス、社会的および文化的イベントへの参加、家族や友人との交流など、日常生活の多くの側面に影響します。 自転車が移動の自由に貢献できる点: [...]

Go to Top